shopのこと、日常のなんでもないこと、備忘録として…
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

成長の季節です。
0709
今日も一日東京はムシッとした一日でした。それでも時折風が吹いたり小雨がパラついたり太陽が出たりと、洗濯物を出したり入れたり忙しい日でもありました。

ベランダに出しているオリーブ、シルバーリーフ、フランネルフラワー、ラベンダー、グレゴマなどもここぞとばかりに毎日成長しています。
画像はまだ冬の間に苗を買って育てているウンベラータ。茎のか細さに似合わず、葉の大きいこと。
それも次から次へとどんどん新しい葉が出てきています。
このままだと細ーい茎に頭がこんもりとした樹形になりそう。かといって枝分かれもしていないので剪定もできず、「ま、いっか」と放置しています。
ウンベラータは150cm位の大きな木があるのですが一度ベランダに出したらテラコッタのプランターがあまりに重くて室内に入れることが困難になってしまいました。
まあ、季節的にも外で伸びたいだけ伸びてくれとこちらも放置。とても丈夫な植物です。
料理映画
映画、最近は子どもと一緒に行ってばかりで本当に自分が見たい映画を見に行くことができません。
せいぜいDVDを借りてくるくらい。
どんな映画が好きかって、断然「料理」がテーマの映画が好き。
私、何度かBLOGでも書いていますが本当に料理が苦手なんです。母親歴17年にもなるっていうのに料理が苦手って言ってる場合でしょうか。食べるのは大好きなんですが作るセンスはゼロ…に近いと思います。楽しく作れるのはスイーツくらいでしょう。
だからお料理が上手な人、尊敬してます。
むかーし見た中国の映画で親父さんが料理人で娘が3人くらい出てくる映画…ストーリーは全く覚えていないんですが丸い丸太のようなマナ板で中華包丁でばっつんばっつん肉をたたき切って、もーれつに熱い中華鍋で料理する画像が忘れられません。
「レニーのおいしいレストラン」は子どもたちと見に行ってきました。
今見てみたいのはキャサリン・ゼタ・ジョーンズの「幸せのレシピ」でしょうか。予告を見てストーリーは大体分かっているのですが手際よく料理を作りあげて行くところが見たいなあ。ほんと、どきどきします。
指先に残る記憶
アコースティックギターの楽譜集が到着し、1曲目から弾き始める。
うーん、難しい。当たり前か。何年も弾いていないのだから。
楽譜を読むのに時間がかかる。和音を見て、すぐに左の指が動かない。直感的に何フレーム目に移動しなければならないか、脳が判断できない…
腰をすえてやらなければ。
とにかく、はじめからトレモロをきれいに弾こうとするのはあきらめました。
そのなかでも弾いたことがある曲は意外と指って、覚えているもんですね、自然と動くことがよくあります。